2泊3日だったら中国・香港・台湾は当然として、シンガポール・ベトナムも経験ありますが、
意外にも1泊2日の海外は今回が初めてです。社畜とまでは言わないけど、悲しいサラリーマンですから・・・

今回の旅の目的はたったひとつ。SNH48の紅白歌合戦を見に行くことです。今回初めて使うのが東京駅から成田空港までの900円バス。3日前でも十分にチケットが買えたので、激安なのに浸透していないのでしょうか? 普通のバスだし、2時間かからずに着くし、多少バス停が遠いとかいろいろありますが、かなりおすすめですよ。

大舞台の敷地内に食事できる場所があったかどうか覚えていないのですが、隣の八万人体育館の敷地内にはいくつかレストランがあります。 地下鉄でしたら、開演時間に合わせて会場へ向かっても大丈夫だと思いますが、改札から会場までが混むので、やはり少し余裕を見ておいたほうがよいかもしれません。

ホテルの最寄り駅は、地下鉄4号線「魯班路」(徒歩8~10分くらい?)。会場最寄り駅は「上海体育館」(ひとつ手前の駅「上海体育場」は八万人体育館です)。4つ目の停車駅なので乗車時間は12分程度ではと思います。 なんと「上海体育場(通称:八万人体育館)」と一体化したユニークな4つ星ホテル「上海富豪東亜酒店(リーガル・シャンハイ・イースト・アジア・ホテル)」をご紹介します。

 


“スタジアムと一体化”とはいったいどんなホテル?!とお思いでしょうが、ホテルの内装・サービスなどは5つ星ホテルにも引けを取らない快適さ。そして何と言っても、最上階にあるバーやエグゼクティブ・ラウンジ、そして一部の客室からスタジアムを一望できてしまうのが最大の魅力ですね。交通も地下鉄1、4号線「上海体育館」から徒歩10分程度で、郊外日帰りバスのターミナルも同じ敷地にあるなど、上海を拠点とした各地への観光にも便利なロケーションなんですよ。


上海大舞台でSNH48のイベントがあるときはここを定宿にしよう。